先天性副腎過形成検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > 先天性副腎過形成検査
本ページでは先天性副腎過形成検査を解説しています。

先天性副腎過形成検査

先天性副腎過形成検査とは?
先天性副腎過形成検査は、新生児が先天性副腎過形成の疑いがないかを調べる検査です。先天性副腎過形成とは副腎が肥大化して、血中電解質の異常や性器の異常を引き起こす病気です。
先天性副腎過形成検査の基準値
7.5ng/ml未満(ELISA抽出法)、80.0ng/ml未満(ERISA直接法)
異常値の場合
先天性副腎過形成の疑いがありますので、確定診断のためにさらに詳しい検査が必要となります。


スポンサードリンク

先天性副腎過形成検査」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 先天性甲状腺機能低下症検査 | 先天性副腎過形成検査このページ | てんかんの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .