先天性甲状腺機能低下症検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > 先天性甲状腺機能低下症検査
本ページでは先天性甲状腺機能低下症検査を解説しています。

先天性甲状腺機能低下症検査

先天性甲状腺機能低下症検査とは?
先天性甲状腺機能低下症検査は、新生児に先天性甲状腺機能低下症の疑いがないか調べる検査です。先天性甲状腺機能低下症はクレチン症とも呼ばれ、甲状腺ホルモンが不足する病気です。
基準値
TSH:15.0μU/ml未満
異常値の場合
先天性甲状腺機能低下症の疑いがあるため、確定診断にさらに詳しい検査が必要となります。


スポンサードリンク

先天性甲状腺機能低下症検査」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 先天性アミノ酸・糖代謝異常検査 | 先天性甲状腺機能低下症検査このページ | 先天性副腎過形成検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .