結核菌検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > 結核菌検査
本ページでは結核菌検査を解説しています。

結核菌検査

結核菌検査とは?
結核菌検査は結核を調べる検査です。結核菌検査には塗抹検査、培養検査、ツベルクリン検査があります。
塗抹検査…痰から調べられます。染色して顕微鏡で診断します。
培養検査…痰を培養させてから検査を行います。培養期間は1ヶ月ほどかかります。
ツベルクリン反応…PPDといわれるタンパク質を注射して、48時間後の皮膚の状態から診断します。
結核菌検査の基準値
痰の塗抹検査及び培養検査:陰性であること
ツベルクリン反応:陽性であること(赤斑が陽性)
異常値の場合
結核の疑いがあります。


スポンサードリンク

結核菌検査」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 一般細菌検査 | 結核菌検査このページ | DNA検査/RNA検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .