一般細菌検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > 一般細菌検査
本ページでは一般細菌検査を解説しています。

一般細菌検査

一般細菌検査とは?
一般細菌検査とは感染症などの原因となる細菌を特定する検査です。原因となる細菌を検査することで、根治的な治療の参考にします。なお、一般細菌検査は便、血液、痰、分泌物などから調べられます。
一般細菌検査の基準
陰性であること
陽性の場合
陽性の場合は細菌の存在が確認されたことになります。検査でわかる細菌の種類は様々で、各細菌に対して有効な治療法が選択されます。


スポンサードリンク

一般細菌検査」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 骨シンチグラフィー | 一般細菌検査このページ | 結核菌検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .