子宮細胞診

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > 子宮細胞診
本ページでは子宮細胞診を解説しています。

子宮細胞診

子宮細胞診とは?
子宮細胞診とは、子宮粘膜や膣の粘膜から細胞を顕微鏡観察して、細胞に異常がないか調べる検査です。子宮細胞診は主に子宮がんの早期発見に役立ちます。
子宮細胞診の大まかな流れ
検査前は排便・排尿をすませ、下着を脱いで検査台にあがります。膣から検査器具を挿入して粘膜細胞を採取し、数分で検査が終了します。なお、採取中は下腹部に痛みを少し感じたり、重苦しさを感じることがあります。
子宮細胞診の基準
陰性であること(パパニコロウ分類T〜U)
子宮細胞診で異常がみられた場合
子宮細胞診ではパパニコロウ分類でT〜Xまで結果が分類されます。TとUは陰性で、Vは偽陽性、W、Xは陽性となります。Wの場合は再検査を実施しますが、WまたはXの場合は子宮がんの疑いがあります。


スポンサードリンク

子宮細胞診」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 直腸診 | 子宮細胞診このページ | 腹水検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .