双合診

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > 双合診
本ページでは双合診を解説しています。

双合診

双合診とは?
双合診は子宮、卵巣、卵管、膣などの大きさ、かたさ、腫瘍の有無を確認する触診です。婦人科の基本的な検査です。
双合診の大まかな流れ
検査前は排尿・排便をすませておき、服を脱いで検査台に上がります。医師は手袋をつけて手指を膣内に挿入し、もう片方の手を腹部において触診します。検査中は腹筋を緩めてリラックスするように心がけます。
双合診で確認する病気
子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮がん、子宮内膜症など。双合診で異常がみられると、さらに詳しく調べるために経膣超音波検査、細胞診、腫瘍マーカー、MRIなどの検査を実施します。


スポンサードリンク

双合診」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 乳房触診 | 双合診このページ | 直腸診 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .