DNA検査/RNA検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > その他検査 > DNA検査/RNA検査
本ページではDNA検査/RNA検査を解説しています。

DNA検査/RNA検査

DNA検査/RNA検査について
DNA検査やRNA検査では体に感染した細菌またはウイルスのDNAやRNAを調べることで、微生物を特定する検査です。検査で使う検体は、患者さんの胃液、痰、唾液などから採取されます。主に、C型肝炎、B型肝炎、エイズなどのウイルスを検出する時に使われます。
基準値
陰性であること
DNA検査/RNA検査で確認する病気
C型肝炎、B型肝炎、エイズ、結核など


スポンサードリンク

DNA検査/RNA検査」では、
"その他検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「その他検査」をご参照ください。


その他検査一覧

« 結核菌検査 | DNA検査/RNA検査このページ | IgEの検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .