マンモグラフィー検査(乳房X線撮影)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 画像診断 > マンモグラフィー検査(乳房X線撮影)
本ページではマンモグラフィー検査(乳房X線撮影)を解説しています。

マンモグラフィー検査(乳房X線撮影)

マンモグラフィー検査とは?
マンモグラフィー検査は乳房X線撮影とも呼ばれ、乳房の画像診断に使われます。主に乳がんを調べるときに使われるマンモグラフィーでは、触診でもわからない微小な腫瘍を発見することがあります。
マンモグラフィーの大まかな流れ
マンモグラフィー検査機器の前に立って乳房を撮影台にのせ、撮影を行います。撮影方法にはそのまま撮影する方法と、造影剤を乳管に注入する乳管造影、スポット撮影などがあります。一般的に5分〜15分で検査は終了して、その後の制限は特にありません。
マンモグラフィーで確認する病気
乳がん、乳腺線維線種、乳腺症などの乳房の病気


スポンサードリンク

マンモグラフィー検査(乳房X線撮影)」では、
"画像診断"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「画像診断」をご参照ください。


画像診断一覧

« RI検査(シンチグラフィー) | マンモグラフィー検査(乳房X線撮影)このページ | コルポスコープ検査(コルポスコピー) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .