経膣・経腹超音波検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 画像診断 > 経膣・経腹超音波検査
本ページでは経膣・経腹超音波検査を解説しています。

経膣・経腹超音波検査

経膣・経腹超音波検査とは?
経膣・経腹超音波検査は妊産婦が行う検査の1つで、胎児の発育状態や形態的な異常を調べるときに使われる超音波検査です。
経膣超音波検査について
経膣超音波検査は妊娠10週目ごろまでに実施される画像診断で、膣に超音波発信器を挿入して子宮内部を画像診断します。
経腹超音波検査
経腹超音波検査は妊娠中期以降から実施される超音波検査です。超音波発信器を腹部にあって子宮内部を観察します。この時期では胎児の様子がはっきりとわかるようになります。


スポンサードリンク

経膣・経腹超音波検査」では、
"画像診断"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「画像診断」をご参照ください。


画像診断一覧

« 羊水穿刺検査 | 経膣・経腹超音波検査このページ | 破水検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .