サーモグラフィー

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 画像診断 > サーモグラフィー
本ページではサーモグラフィーを解説しています。

サーモグラフィー

サーモグラフィーとは?
サーモグラフィーは体の表面から放射される熱を測定する検査で、炎症や腫瘍、血管梗塞などを調べるときに役立ちます。体から出る熱は赤外線として受け取って画像化します。多くの場合は肌に触れない非接触型の検査機が用いられます。
サーモグラフィーの大まかな流れ
専用の検査着に着替えて検査を実施します。検査時間は約10分程度で終わります。
サーモグラフィーで確認する病気
血行障害、代謝異常、慢性疼痛、自律神経障害、末梢神経障害、体温異常、腫瘍など。


スポンサードリンク

サーモグラフィー」では、
"画像診断"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「画像診断」をご参照ください。


画像診断一覧

« コルポスコープ検査(コルポスコピー) | サーモグラフィーこのページ | 乳房触診 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .