コルポスコープ検査(コルポスコピー)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 画像診断 > コルポスコープ検査(コルポスコピー)
本ページではコルポスコープ検査(コルポスコピー)を解説しています。

コルポスコープ検査(コルポスコピー)

コルポスコープ検査とは?
コルポスコープ検査はコルポスコピーとも呼ばれ、膣部の画像診断に使われます。粘膜の炎症、ポリープ、早期がん、腫瘍などの診断に有用な検査です。
コルポスコープ検査の大まかな流れ
検査台に上がって膣に酢酸液を散布した後、拡大鏡を挿入して膣部を確認します。検査時間は10分程度で終了します。
コルポスコープ検査で確認する病気
子宮頸がん、膣がん、粘膜の炎症、膣炎、コンジローマ、前がん病変など


スポンサードリンク

コルポスコープ検査(コルポスコピー)」では、
"画像診断"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「画像診断」をご参照ください。


画像診断一覧

« マンモグラフィー検査(乳房X線撮影) | コルポスコープ検査(コルポスコピー)このページ | サーモグラフィー »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .