MRI検査(磁気共鳴画像診断)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 画像診断 > MRI検査(磁気共鳴画像診断)
本ページではMRI検査(磁気共鳴画像診断)を解説しています。

MRI検査(磁気共鳴画像診断)

MRI検査(磁気共鳴画像診断)とは?
MRI検査は体に電磁波をあて、放出される電磁波を画像化することで体の断面図を観察することができます。X線CTとは異なり放射線による被爆の心配はありません。
MRI検査の大まかな流れ
MRI装置のベッドに仰向けになります。その後ベッドがトンネル状のMRI装置にスライドして、画像診断が行われます。MRI検査は30分〜50分程度で終了し、検査後に安静にする必要もありません。
MRI検査で確認する病気
脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、動脈瘤、がん、腫瘍、結石、腰や関節の疾患など


スポンサードリンク

MRI検査(磁気共鳴画像診断)」では、
"画像診断"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「画像診断」をご参照ください。


画像診断一覧

« 血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査) | MRI検査(磁気共鳴画像診断)このページ | X線CT検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .