ぎょう虫検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 尿・便検査 > ぎょう虫検査
本ページではぎょう虫検査を解説しています。

ぎょう虫検査

ぎょう虫検査とは
ぎょう虫は世界中で見られる寄生虫で、成虫は盲腸に寄生して肛門の外に出るときは卵を1万個も肛門付近に産みます。ぎょう虫に卵を産み付けられるとかゆみといった症状が生じ、また付着した下着や布団などに散らばります。一般的にぎょう虫検査は肛門付近にセロファンのシールを貼り付けて検査を行いますが、この操作でセロファンに卵が付いているかを検査しています。
基準値
陰性であること
陽性である場合
陽性の場合は、体内(消化管)に寄生虫が存在します。ぎょう虫症の治療は駆除薬を服用することで治ります。


スポンサードリンク

ぎょう虫検査」では、
"尿・便検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「尿・便検査」をご参照ください。


尿・便検査一覧

« ミクログロブリン | ぎょう虫検査このページ | ヘマトクリット »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .