尿比重検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 尿・便検査 > 尿比重検査
本ページでは尿比重検査を解説しています。

尿比重検査

尿比重検査とは?
尿比重検査とは尿の比重を測定することで尿の濃さがわかり、腎臓の能力がわかります。尿比重検査の測定方法には試験紙で調べる方法と尿中に浮きのようなものを浮かべて比重を測定する方法、プリズムに尿を滴下して屈折率から比重を測定する方法があります。
基準値
1.010〜1.030
異常値の場合
◆尿比重が1.010以下の場合
尿の濃縮が薄く、尿崩症や腎不全などの疑い。
◆尿比重が1.030以上の場合
腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病、心不全、脱水症状などの疑い。


スポンサードリンク

尿比重検査」では、
"尿・便検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「尿・便検査」をご参照ください。


尿・便検査一覧

« 尿量検査 | 尿比重検査このページ | 尿潜血検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .