尿量検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 尿・便検査 > 尿量検査
本ページでは尿量検査を解説しています。

尿量検査

尿量検査とは?
尿量検査とは24時間蓄尿とも呼ばれ、1日の尿量を測定する検査です。尿の量を測定するとともに排尿回数や尿の色、臭い、浮遊物、沈殿物なども細かくチェックします。平常時の尿量をチェックしますので検査前は利尿作用の強いアルコールやコーヒーの飲みすぎは控えます。
基準値
一日500ml〜2000mlが目安となります。
異常値が見られる場合
◆400ml以下の場合
腎機能低下や脱水症状などの疑い
◆2500ml以上の場合
尿崩症、糖尿病、腎不全、心因性多尿などの疑い
◆尿が出ない場合
前立腺肥大症や尿路腫瘍などの疑い


スポンサードリンク

尿量検査」では、
"尿・便検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「尿・便検査」をご参照ください。


尿・便検査一覧

« 心のう穿刺 | 尿量検査このページ | 尿比重検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .