便潜血反応

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 尿・便検査 > 便潜血反応
本ページでは便潜血反応を解説しています。

便潜血反応

便潜血反応とは?
便潜血反応とは、便中に血液が混じっていないかどうか調べる検査で、小腸や大腸などの消化器系の異常を調べる場合に行われます。
基準値
陰性であること
陽性の場合
◆上部消化管が出血した場合は、食道静脈瘤、食道がん、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの疑い
◆下部消化管が出血した場合は、大腸がん、大腸ホリープ、潰瘍性大腸炎、寄生虫などの疑い


スポンサードリンク

便潜血反応」では、
"尿・便検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「尿・便検査」をご参照ください。


尿・便検査一覧

« 尿沈渣 | 便潜血反応このページ | 静脈血採血 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .