尿検査や便検査について

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 尿・便検査 > 尿検査や便検査について
本ページでは尿検査や便検査についてを解説しています。

尿検査や便検査について

尿検査とは?
尿検査は尿の成分や性質を調べることで、体内の異常を調べる検査です。検査項目には尿タンパク、尿糖、尿ウロビリノーゲン、尿潜血反応、尿沈渣、尿量、尿比重などがあります。
便検査とは?
便検査は排泄した便の成分を調べることで、体内の異常を調べる検査です。検査項目には便潜血反応、寄生虫卵などがあります。
その他注意事項
採尿するときには、一般的に早朝の起床時に採取して、排尿途中(中間尿)のものを採取するようにします。


スポンサードリンク

尿検査や便検査について」では、
"尿・便検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「尿・便検査」をご参照ください。


尿・便検査一覧

« クラミジア抗原・抗体 | 尿検査や便検査についてこのページ | 尿タンパク »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .