CRP検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > CRP検査
本ページではCRP検査を解説しています。

CRP検査

CRP検査とは?
血液検査の一つで、炎症反応などの進行度を測定する時に使用されます。炎症や細胞の破壊が起きるとCRPといわれるタンパク質が血清中に増加しますので、陽性である場合は炎症が起きていることが分かります。
CRP検査の基準値
定性法では陰性であること。定量法のラテックス免疫比濁法では、0.3mg/dl以下。
異常値が出た場合
要請の場合は炎症や細胞破壊などを引き起こす病気の疑いがあります。高値の場合は、急性感染症、リウマチ、悪性腫瘍、心筋梗塞の疑いがあり、それほど高くない数値の場合は慢性感染症、ウイルス性肝炎などの疑いがあります。
 なお、CRP検査の値だけでは病気を特定することができませんので、疑いのある病気の検査をさらに行って診断します。


スポンサードリンク

CRP検査」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« RAテスト/ラテックス凝集反応 | CRP検査このページ | HIV抗体検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .