HCV抗体検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > HCV抗体検査
本ページではHCV抗体検査を解説しています。

HCV抗体検査

HCV抗体検査とは?
C型肝炎ウイルス(HCV)が感染すると、HCV抗体が血液中につくられます。血液検査でHCV抗体を測定することで、C型肝炎ウイルスに感染しているかわかります。
基準値
陰性であること。定量法の場合はEIA法でカットオフインデックス1.0未満。
異常値の場合
まず、C型感染ウイルスに感染しても1ヶ月以内はHCV抗体検査では陰性となる場合がありますので注意してください。陽性または異常値の場合は。C型肝炎、劇症肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの疑いがあります。C型肝炎ウイルスに感染した場合、約3割の患者さんが肝炎を発病すると言われています。


スポンサードリンク

HCV抗体検査」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« 血液像検査 | HCV抗体検査このページ | HBs抗原・抗体検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .