リウマドイド因子

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > リウマドイド因子
本ページではリウマドイド因子を解説しています。

リウマドイド因子

リウマドイド因子とは?
リウマドイド因子とは、自己抗体の一種で慢性関節リウマチを診断するときに調べられます。
基準値
陰性であること
陽性の場合
慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎、肺結核、梅毒、ウイルス性肝炎、サイコイドーシス、肝硬変などの疑い


スポンサードリンク

リウマドイド因子」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« 自己抗体 | リウマドイド因子このページ | 抗核抗体 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .