IgEの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > IgEの検査
本ページではIgEの検査を解説しています。

IgEの検査

IgE検査について
IgE検査はアレルギー反応の有無を調べる検査です。IgEはアレルギー疾患になると血液中に増加する抗体で、採血して検査します。なお、IgE検査にはRAST法という検査法があり、アレルギーの原因をつき止めることができます。
IgE検査の基準値
定性法:陰性であること
定量法:0.34PRU以下(RAST法)
異常値の場合
アレルギー疾患の原因があります。アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそく、アレルギー性皮膚炎、薬物アレルギーなどを調べることができます。


スポンサードリンク

IgEの検査」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« DNA検査/RNA検査 | IgEの検査このページ | アレルギー誘発試験 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .