HIV抗体検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > HIV抗体検査
本ページではHIV抗体検査を解説しています。

HIV抗体検査

HIV抗体検査とは?
HIV抗体検査はエイズ(後天性免疫不全症候群)を調べるための検査です。
HIVとはヒト免疫不全ウイルスのことで、エイズの原因となるウイルスです。このウイルスが体内に侵入して感染すると約6〜9週間でHIV抗体が作られます。そのため、体内でHIV抗体が作られているかどうかでエイズに感染の有無わかります。
基準値
陰性であること。
陽性の場合
エイズの疑いがあります。しかしHIV抗体が陽性でも、リウマチや全身エリテマトーデスなどによる偽陽性の場合があります。そのため、他の検査を実施して確定診断を行います。


スポンサードリンク

HIV抗体検査」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« CRP検査 | HIV抗体検査このページ | LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .