HBs抗原・抗体検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > HBs抗原・抗体検査
本ページではHBs抗原・抗体検査を解説しています。

HBs抗原・抗体検査

HBs抗原・抗体検査とは
B型肝炎ウイルスが肝細胞に感染するとHBs抗原といわれるものを大量に作ります。HBs抗原が作られると、体内の免疫反応が働いてHBs抗体も作られます。そこでHBs抗原・抗体を検査することで、B型肝炎ウイルスに感染しているか測定することができます。
HBs抗原・抗体検査の基準値
陰性であること。定量法の場合はHBs抗原・抗体ともにカットオフインデックスが1.0未満
陽性の場合
HBs抗原が陽性の場合は、B型肝炎ウイルスに感染している可能性があります。抗原が陰性で抗体が陽性の場合は、現在はB型ウイルスに感染しておらず、過去に感染したことを意味します。疑いのある病気にはB型肝炎、劇症肝炎、肝硬変、肝臓がんなどになります。


スポンサードリンク

HBs抗原・抗体検査」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« HCV抗体検査 | HBs抗原・抗体検査このページ | RAテスト/ラテックス凝集反応 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .