CRP

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 免疫・血清学的検査 > CRP
本ページではCRPを解説しています。

CRP

CRPとは?
CRPとはC-反応性蛋白とも言われ、体内で炎症や組織の破壊があると血液中にCRPが増加します。CRPは特に肺炎を引き起こす肺炎球菌に感染して、肺炎を引き起こすとCRPが血液中に現れます。
基準値
陰性であること
陽性の場合
慢性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、リウマチ熱、細菌感染症、ウイルス感染症、悪性腫瘍、急性心筋梗塞、肺梗塞などの疑い


スポンサードリンク

CRP」では、
"免疫・血清学的検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「免疫・血清学的検査」をご参照ください。


免疫・血清学的検査一覧

« 抗核抗体 | CRPこのページ | ASO検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .