ZTTの検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > ZTTの検査
本ページではZTTの検査を解説しています。

ZTTの検査

ZTT検査とは?
ZTTは硫酸亜鉛混濁試験とも呼ばれ、肝機能を調べるための検査です。
ZTTは血清タンパク質のγ-グロブリンという物質を測定します。γ−グロブリンは肝機能が低下すると増加することから、昔から肝機能を調べるときに行われてきました。
ZTT検査の基準値
3〜12クンケル単位
異常値の場合
ZTTが高値の場合は、慢性肝炎や肝硬変といった肝臓病の疑いや、サルコイドーシス、肺結核、骨髄腫、膠原病などの疑いがあります。


スポンサードリンク

ZTTの検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 中性脂肪(TG・トリグリセライド)検査 | ZTTの検査このページ | β−リポ蛋白検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .