甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > 甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査
本ページでは甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査を解説しています。

甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査

甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査とは?
甲状腺刺激ホルモン(TSH)は甲状腺ホルモンの分泌を促進するホルモンです。そのため、甲状腺刺激ホルモンの検査で甲状腺ホルモンの分泌機能に異常がないか調べることができます。
甲状腺刺激ホルモン(TSH)の基準値
0.50〜4.00μU/ml
高値の場合
甲状腺機能低下症、TSH産生腫瘍などの疑いがあります。
低値の場合
バセドウ病といった甲状腺機能亢進症の疑いがあります。


スポンサードリンク

甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミン | 甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査このページ | 甲状腺ホルモン検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .