PSA検査(腫瘍マーカー)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > PSA検査(腫瘍マーカー)
本ページではPSA検査(腫瘍マーカー)を解説しています。

PSA検査(腫瘍マーカー)

腫瘍マーカーPSAとは?
PSA(前立腺特異抗原)は主に前立腺がんになると増加するタンパク質で、前立腺がんのスクリーニング検査に使用される腫瘍マーカーです。TPAは前立腺に特異的な腫瘍マーカーで、前立腺がんの早期発見や進行度の推定、予後予測などに有用です。
腫瘍マーカーPSAの基準値
4.0ng/ml以下(ポリクローナル法)
異常値の場合
前立腺がんの疑いがありますが、前立腺肥大症でも陽性となります。


スポンサードリンク

PSA検査(腫瘍マーカー)」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« TPA検査(腫瘍マーカー) | PSA検査(腫瘍マーカー)このページ | フェリチン(腫瘍マーカー) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .