甲状腺ホルモン検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > 甲状腺ホルモン検査
本ページでは甲状腺ホルモン検査を解説しています。

甲状腺ホルモン検査

甲状腺ホルモン検査とは?
甲状腺ホルモンは、体内のエネルギー代謝や酸素消費などに関わる大切なホルモンです。甲状腺ホルモンにはトリヨードサイロニン(T3)とサイロキシン(T4)といったものがあります。このT3とT4を検査することで甲状腺機能に異常がないか調べることができます。
甲状腺刺激ホルモンの基準値
T3:0.75〜1.80ng/ml、遊離T3:2.50〜5.50pg/ml、T4:4.50〜12.5μg/dl、遊離T4:0.85〜1.80ng/dl
高値の場合
バセドウ病などの甲状腺機能亢進症や、亜急性甲状腺炎などの疑いがあります。
低値の場合
橋本病などの甲状腺機能低下症や、亜急性甲状腺炎などの疑いがあります。


スポンサードリンク

甲状腺ホルモン検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査 | 甲状腺ホルモン検査このページ | カルシトニン検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .