アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミン

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミン
本ページではアドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミンを解説しています。

アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミン

アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミンとは?
アドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミンは副腎髄質から分泌されるホルモンのことで、循環器系の臓器や組織にかかわりを持ちます。副腎髄質ホルモンはカテコールアミンとも呼ばれ、これらの検査は血液を採取して行われます。
副腎皮質ホルモンの基準値
アドレナリン…100pg/ml以下、ノルアドレナリン…100〜450pg/ml、ドーパミン:20pg/ml以下
異常値の場合
高値の場合は褐色細胞腫、交感神経芽細胞腫などの疑いがあります。


スポンサードリンク

アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミン」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« アルドステロン検査 | アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミンこのページ | 甲状腺刺激ホルモン(TSH)検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .