アルドステロン検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > アルドステロン検査
本ページではアルドステロン検査を解説しています。

アルドステロン検査

アルドステロンとは?
アルドステロンは体の電解質をコントロールする副腎皮質ホルモンのことで、副腎皮質から分泌されるホルモンです。アルデステロンは血液を採取して検査が行われます。
アルデステロン検査の基準値
寝た状態3.0〜15.9ng/dl、立った状態(立位)3.9〜30.7ng/dl
異常値の場合
アルデステロンが高値の場合は副腎の腫瘍、続発性アルデステロン症の疑いがあります。


スポンサードリンク

アルドステロン検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« コルチゾール検査 | アルドステロン検査このページ | アドレナリン/ノルアドレナリン/ドーパミン »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .