コルチゾール検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > コルチゾール検査
本ページではコルチゾール検査を解説しています。

コルチゾール検査

コルチゾールとは?
コルチゾールは副腎皮質ホルモンのことで、副腎皮質から分泌されるホルモンです。コルチゾールはぶどう糖の合成に関わっており、血液を採取して検査が行われます。
コルチゾール検査の基準値
早朝安静時7.1〜15μg/dl
異常値の場合
ACTHが高値の場合はクッシング症候群の疑いがあります。一方で、低値の場合はステロイド剤の副作用によるものやアジソン病の疑いがあります。


スポンサードリンク

コルチゾール検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« ACTH試験 | コルチゾール検査このページ | アルドステロン検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .