血中インスリン活性検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > 血中インスリン活性検査
本ページでは血中インスリン活性検査を解説しています。

血中インスリン活性検査

血中インスリン活性検査とは?
血中インスリン活性検査とは、血糖値をコントロールするインスリンの状態を調べる検査です。高血糖の原因特定や糖尿病の診断に役立ちます。
血中インスリン活性試験の大まかな流れ
前日の8時以降は飲食をさけます。検査当日は、ブドウ糖液を飲む前と飲んでから30分後の採血を行います。採血した血液で空腹時(ブドウ糖液を飲む前)と比べて、どのくらいインスリンが増加し、血糖の増加に対してどの程度かを調べます。
ブドウ糖負荷試験(GTT検査)の基準値
10μU/ml未満(空腹時)、0.5△IRI/△BS(GTT30分値)
異常値の場合
糖尿病や糖尿病境界型(糖尿病予備軍)の疑いがあります。


スポンサードリンク

血中インスリン活性検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« ケトン体検査 | 血中インスリン活性検査このページ | 腎生検 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .