グリコアルブミン検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > グリコアルブミン検査
本ページではグリコアルブミン検査を解説しています。

グリコアルブミン検査

グリコアルブミン検査とは?
グリコアルブミン検査は過去の血糖値の変動を推測できる検査です。グリコアルブミン(糖化アルブミン)は、アルブミン(血漿タンパク質)とぶどう糖が結合したもので、作られたグリコアルブミンは約20日前後で半分になります。そのため、グリコアルブミンを検査して、計算することで過去の血糖状態を知ることができます。
グリコアルブミン検査の基準値
11.6%〜16.3%(HPLC法)
異常値の場合
グリコアルブミンが高値の場合は糖尿病の疑いがあります。一方で、低値の場合は低タンパク症の疑いがあります。


スポンサードリンク

グリコアルブミン検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 抗核抗体検査 | グリコアルブミン検査このページ | ブドウ糖負荷試験(GTT検査) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .