血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > 血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査)
本ページでは血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査)を解説しています。

血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査)

血清ペプシノゲン検査とは?
ペプシノゲン検査は主に胃がんを発見する検査の1つです。ペプシノゲン(PG)は胃から分泌される物質で、タンパク質分解酵素であるペプシンになります。このペプシノゲンにはTとUがありますが、T/Uが3.0以下の場合は胃がんの可能性が高いといわれています。
血清ペプシノゲンの基準値
ペプシノゲンTが70ng/ml以下、及びT/Uが3.0以下
異常値の場合
胃がんの可能性が高いですが、陽性で胃がんでない場合や陰性で胃がんの場合もありますので、この検査だけでは判定はできません。そのため、血清ペプシノゲン検査に加え、画像診断などのその他検査が必要です。


スポンサードリンク

血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査)」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« CA-125(腫瘍マーカー) | 血清ペプシノゲン検査(ペプシノーゲン検査)このページ | MRI検査(磁気共鳴画像診断) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .