CPK

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > CPK
本ページではCPKを解説しています。

CPK

CPKとは?
CPKはクレアチンフォスフォキナーゼのことで、筋肉に障害が起きると血液中で見られるようになる物質です。そのため、CPK値が異常であることは筋肉に障害が起きていることを意味します。
基準値
195IU/L以下
基準値より高い場合
急性心筋梗塞、不安定狭心症、心筋炎、多発性筋炎、血栓塞栓症、黄紋筋融解症など


スポンサードリンク

CPK」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 脳血流シンチグラム | CPKこのページ | hANP、BNP »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .