アンモニア

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > アンモニア
本ページではアンモニアを解説しています。

アンモニア

アンモニア検査とは?
アンモニアは、肝臓で無毒化されますが、肝臓に異常がある場合は無毒化されず血中のアンモニア濃度が高くなります。アンモニア検査を行うことで、肝臓に異常がないかを調べます。
基準値
15〜70μg/dl
基準値より高い場合
劇症肝炎、肝性昏睡、腎不全、消化管出血などの疑い


スポンサードリンク

アンモニア」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« クレアチニン・クリアランス | アンモニアこのページ | 血清鉄 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .