クレアチニン

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > クレアチニン
本ページではクレアチニンを解説しています。

クレアチニン

クレアチニンとは?
クレアチニンとは、タンパク質が分解されたときにできる物質で、腎臓の糸球体でろ過されて尿として排出されます。そのため、腎機能に異常がないか調べるときにクレアチニン検査が行われます。
基準値
男性:0.7〜1.4mg/dL 女性:0.5〜1.1mg/dL
基準値より高い場合
腎機能障害、肝硬変などの疑い
基準値より低い場合
筋ジストロフィー症、妊娠などの疑い


スポンサードリンク

クレアチニン」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 尿素窒素 | クレアチニンこのページ | クレアチニン・クリアランス »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .