トリグリセリド

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > トリグリセリド
本ページではトリグリセリドを解説しています。

トリグリセリド

トリグリセリドとは?
トリグリセリドとは、中性脂肪のことです。トリグリセリドは体内でエネルギーを作り出す重要な物質ですが、多すぎると動脈硬化などの原因となりますので、動脈硬化を調べるときにトリグリセリドを検査します。
基準値
150mg/dl未満
基準値より高い場合
高脂血症、糖尿病、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症、脂肪肝、腎不全などの疑い
基準値より低い場合
栄養不良、吸収不良症候群、慢性肝機能障害などの疑い


スポンサードリンク

トリグリセリド」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« HDLコレステロール | トリグリセリドこのページ | 血糖 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .