血清総タンパク

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > 血清総タンパク
本ページでは血清総タンパクを解説しています。

血清総タンパク

血清総タンパクとは?
血清総タンパクとは、血清に含まれている100以上のタンパク質の総称をいいます。その中でも特にアルブミンといわれるたんぱく質が多く含まれています。アルブミンは肝臓で合成されるため、主に肝臓の異常がないかを調べるときに血清総タンパクを検査します。
基準値
6.5〜8.0g/dl
基準値より高い場合
慢性感染症、膠原病、多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症などの疑い
基準値より低い場合
肝機能障害、栄養不足、ネフローゼ症候群などの疑い


スポンサードリンク

血清総タンパク」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 酸性ホスファターゼ | 血清総タンパクこのページ | ビリルビン »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .