血液生化学検査とは?

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > 血液生化学検査とは?
本ページでは血液生化学検査とは?を解説しています。

血液生化学検査とは?

血液生化学検査は、血液の中でも血清といわれる液体部分を生化学的に分析する検査のことです。この検査により、特に内臓系の肝臓や腎臓の異常をチェックすることができます。
血液性化学検査の主な項目
GOT、GPT、LDH、γ-GTP、アルカリフォスファターゼ、コリンエステラーゼ、アミラーゼ、リパーゼ、クレアチンキナーゼ、酸性ホスファターゼ、血清総タンパク、ビリルビン、総コレステロール、HDLコレステロール、トリグリセリド、血糖、グリコヘモグロビン、尿酸、尿素窒素、クレアチニン、クレアチニンクリアランス、アンモニア、血清鉄、銅、亜鉛、心筋トロポニン、ナトリウム利尿ペプチド、栄養アセスメントタンパクなど


スポンサードリンク

血液生化学検査とは?」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« FDP、Dダイマー | 血液生化学検査とは?このページ | GOT »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .