LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査
本ページではLAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査を解説しています。

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査

LAP検査とは?
LAPとはロイシンアミノペプチターゼといわれる酵素で肝臓・膵臓・胆道に多く含まれています。そのためLAP検査は主に肝臓や胆道の異常を調べるときに行われます。
基準値
15〜60IU/l(UV-RATE法)
異常値の場合
LAPが基準値よりも高値の場合は、肝臓がん、胆道がん、膵臓がん、胆道結石、ウイルス性肝炎、胆道閉鎖、急性肝炎、慢性肝炎などの肝臓または胆道の病気の可能性があります。確定診断はLAP検査とその他の検査をあわせて判断します。


スポンサードリンク

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« HIV抗体検査 | LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)検査このページ | ALP(アルカリ性フォスファターゼ)検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .