hANP、BNP

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > hANP、BNP
本ページではhANP、BNPを解説しています。

hANP、BNP

hANPとBNPとは?
hANPとBNPはどちらもナトリウム利尿ペプチドのことで、心房から分泌されるのがhANP、心室から分泌されるのがBNPと呼ばれます。
基準値
hANP:43pg/mL以下、BNP:18.4pg/mL以下
基準値より高い場合
これらの値は、心臓ポンプが悪くなると高値となりますので、異常値の場合は心不全の可能性があります。


スポンサードリンク

hANP、BNP」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« CPK | hANP、BNPこのページ | 心筋生検 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .