γ−GT/γ-GTP

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > γ−GT/γ-GTP
本ページではγ−GT/γ-GTPを解説しています。

γ−GT/γ-GTP

γ-GT(γ-GTP)とは?
γ-GTとは、γ-GTPとも呼ばれ、肝臓での代謝に関わるグルタチオンを合成する酵素のことです。γ-GTの値は、肝臓疾患や胆道疾患を調べるときに使用され、特に飲酒によって高値になります。
基準値
男性:0〜50lU/L 女性:0〜30lU/L
基準値より高い場合
◆肝臓が原因の場合、アルコール性肝炎、アルコール性脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんなどの疑い
◆胆道が原因の場合、胆道炎、総胆管結石、胆道がん、膵頭部がんなどの疑い


スポンサードリンク

γ−GT/γ-GTP」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« LDH(LD) | γ−GT/γ-GTPこのページ | アルカリフォスファターゼ »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .