Ch-E(コリン−エステラーゼ)検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > Ch-E(コリン−エステラーゼ)検査
本ページではCh-E(コリン−エステラーゼ)検査を解説しています。

Ch-E(コリン−エステラーゼ)検査

Ch−E検査とは?
Ch-Eの検査は主に肝臓の異常を調べるときに使われる検査です。
Ch-E(コリンエステラーゼ)は2種類ありますが、Ch-E検査というと一般的に肝臓で作られる血清コリンエステラーゼのことを指します。
基準値
180〜415U/L(3,4-ジヒドロキシベンゾイルコリン-RATE法)
異常値の場合
☆Ch−Eが低値の場合
肝臓に異常がある可能性があります。(劇症肝炎、肝硬変、肝臓がん、急性肝炎、慢性肝炎など)そのほかには有機リン農薬による中毒症状、悪性腫瘍、低栄養などでも低値を示します。
☆Ch−Eが高値の場合
ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症、高血圧症などの疑いがあります。


スポンサードリンク

Ch-E(コリン−エステラーゼ)検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« LDH(血清乳酸脱水素酵素)検査 | Ch-E(コリン−エステラーゼ)検査このページ | ICG/BSP検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .