CEA検査(腫瘍マーカー)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > CEA検査(腫瘍マーカー)
本ページではCEA検査(腫瘍マーカー)を解説しています。

CEA検査(腫瘍マーカー)

腫瘍マーカーCEAとは?
CEA(がん胎児性タンパク抗原)は消化器がんになると増加するタンパク質で、消化器がんの腫瘍マーカーとして使われます。CEA検査に適用される消化がんには、胃がん、大腸がん、肝臓がん、胆道がんなどがあります。臓器特異性が低い腫瘍マーカーであるため、早期がんの診断にはあまり適さないといわれています。
腫瘍マーカーCEAの基準値
2.5ng/ml以下(RIA固相法)
異常値の場合
がんの進行するほどCEAが高値となります。高値の場合は、胃がん、膵臓がん、胆道がん、肝臓がん、大腸がん、肺がん、乳がん、甲状腺がん、子宮がん、泌尿器がんなどの疑いがあり、がん以外でも肝硬変、慢性肝炎、閉塞性黄疸、糖尿病などでも高値になることがあります。


スポンサードリンク

CEA検査(腫瘍マーカー)」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 腫瘍マーカーAFPの検査 | CEA検査(腫瘍マーカー)このページ | CA19-9検査(腫瘍マーカー) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .