CA19-9検査(腫瘍マーカー)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > CA19-9検査(腫瘍マーカー)
本ページではCA19-9検査(腫瘍マーカー)を解説しています。

CA19-9検査(腫瘍マーカー)

腫瘍マーカーCA19-9とは?
CA19-9は主に膵臓がんの腫瘍マーカーとして使われます。早期膵臓がんには難しいですが、治療効果を調べるときには有用性が高いです。
腫瘍マーカーCA19-9の基準値
37U/ml以下(RIA法)
異常値の場合
膵臓がんや胆道がんに対して、高確率でCA19-9が高値となります。また、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がん、卵巣がんでもCA19-9が高値になることがあります。


スポンサードリンク

CA19-9検査(腫瘍マーカー)」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« CEA検査(腫瘍マーカー) | CA19-9検査(腫瘍マーカー)このページ | TPA検査(腫瘍マーカー) »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .