BUN(血清尿素窒素)検査

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > BUN(血清尿素窒素)検査
本ページではBUN(血清尿素窒素)検査を解説しています。

BUN(血清尿素窒素)検査

血液検査BUNとは?
BUNは血清尿素窒素とも呼ばれる検査で、腎臓機能を調べる血液検査です。
体内に取り込まれたタンパク質は最終的に尿素になって、血中から腎臓を通り尿中へ排泄されます。しかし腎機能が低下すると、尿素が尿中に排泄されず血中に増加します。BUNでは血中尿素の窒素部分を測定することで尿素を調べ、腎機能を確認します。
血液検査BUNの基準値
8〜20mg/dl(ウレアーゼGLDH法)BUNの値は男性の方が女性よりやや高めです。
異常値の場合
☆BUNが高値の場合
尿素窒素の排泄障害の疑いがあり、腎不全、慢性腎炎、浮腫、閉塞性尿路疾患などの可能性があります。また、BUNの高値は尿素窒素が作られすぎに原因があるかもしれません。そのような場合は、感染症、がん、糖尿病、甲状腺機能亢進症、消化管出血などの疑いがあります。

☆BUNが低値の場合
肝硬変、劇症肝炎、重症肝機能障害、マニトール利尿、尿崩症などの疑いがあります。


スポンサードリンク

BUN(血清尿素窒素)検査」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« β−リポ蛋白検査 | BUN(血清尿素窒素)検査このページ | 血清アミラーゼ検査 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .