ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液生化学検査 > ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)
本ページではナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)を解説しています。

ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)

ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)とは?
ナトリウム利尿ペプチドとはホルモンの一種で、ANPは心房性ナトリウム利尿ペプチド、BNPは脳性ナトリウム利尿ペプチドといわれ、利尿作用などの様々な生理作用に関与します。
基準値
ANP:40pg/ml以下 BNP:20pg/ml以下
基準値より高い場合
本態性高血圧症、うっ血心不全、慢性腎不全、ネフローゼ症候群、肝硬変、妊娠中毒症、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症などの疑い
基準値より低い場合
脱水などの疑い


スポンサードリンク

ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)」では、
"血液生化学検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液生化学検査」をご参照ください。


血液生化学検査一覧

« 心筋トロポニン | ナトリウム利尿ペプチド(ANP、BNP)このページ | 栄養アセスメント蛋白 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .