赤血球恒数

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液一般検査 > 赤血球恒数
本ページでは赤血球恒数を解説しています。

赤血球恒数

赤血球恒数とは?
赤血球恒数とは、赤血球の大きさ、赤血球に含まれるヘモグロビンの量を調べる検査のことです。この赤血球恒数の指標に、MCV(平均赤血球容積)、MCH(平均赤血球血色素量)、MCHC(平均赤血球血色素濃度)があります。この検査から貧血の種類を推測することができます。
基準値
MCV:80〜98fl MCH:28〜32pg MCHC:30〜36%
MCV:79fl以下、MCHC30%以下の場合
小球性低色素性貧血で、鉄欠乏性貧血、鉄芽球性貧血、セラセミアの疑いがあります。
MCV:80〜100fl、MCHC31〜35%の場合
赤血球とヘモグロビン数に異常がない貧血で、溶血性貧血、急性出血、腎性貧血、再生不良性貧血などの疑いがあります。
MCV:101fl以上、MCHC31〜35%の場合
大球性貧血で、巨赤芽球性貧血、腎性貧血の疑いがあります。


スポンサードリンク

赤血球恒数」では、
"血液一般検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液一般検査」をご参照ください。


血液一般検査一覧

« ヘモグロビン | 赤血球恒数このページ | 網状赤血球数 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .