ヘモグロビン

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説- トップ > 血液一般検査 > ヘモグロビン
本ページではヘモグロビンを解説しています。

ヘモグロビン

ヘモグロビンとは?
ヘモグロビンとは、ヘム鉄といわれる鉄分とグロビンたんぱく質からできていて、酸素を末梢組織へ運ぶ役割を行います。一般的に女性のほうが男性よりもヘモグロビン濃度が低いです。
基準値
男性:14〜18g/dl 女性:12〜16g/dl
基準値より上の場合
多血症、脱水
基準値より下の場合
鉄欠乏性貧血、溶血性貧血、巨赤芽球性貧血、再生不良性貧血、白血病、妊娠などの疑い
※突然の高値や低値が見られると注意が必要です。


スポンサードリンク

ヘモグロビン」では、
"血液一般検査"のカテゴリーに属しています。
このカテゴリの記事については、以下の「血液一般検査」をご参照ください。


血液一般検査一覧

« 赤血球数 | ヘモグロビンこのページ | 赤血球恒数 »

検査結果とその見方 -検査項目・基準値の解説-トップ

Copyright(c)検査結果とその見方 All rights reserved .